このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 既存COBOL資産を有効活用!~NetCOBOLによるワークスタイル変革事例ご紹介~

既存COBOL資産を有効活用!~NetCOBOLによるワークスタイル変革事例ご紹介~

開催概要
開催日時 2017年10月26(木) 14時00分~16時30分 (受付時間:13時30分から)
会場
FUJITSU Digital Transformation Center
〒105-6125 東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル(受付30階)
・JR山手線・京浜東北線/東京モノレール「浜松町駅」より2階コンコースで直結
東京駅から6分、羽田空港から22分
・都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」より地下1階で直結(B3出口)
浅草から15分、新宿から15分
定員 30名
受講料(税込) 無料
講師
富士通株式会社
受講をお勧めする方 ・オープンプラットフォーム上でCOBOLを利用されている方
・既存COBOL資産の有効活用(モバイル活用など)を検討されている方
・COBOLの最新動向や最新機能を知りたい方
・システムのオープン化を検討されている方
主催 富士通株式会社
共催
協賛
詳細 PDF ご案内状
時間 内容
1 14時00分~14時05分 ご挨拶
2 14時05分~15時05分 COBOL資産のモバイル活用
モバイルからCOBOL資産を活用する2つの方法をデモも交えてご紹介します。
・.NETおよびJavaを利用したRESTful Webサービス化による活用方法
・MeFt/Webによる活用方法

また、RESTful Webサービス化によるCOBOL資産の活用事例をご紹介します。

【講師】
富士通株式会社 アプリケーションマネジメント・ミドルウェア事業部 第三開発部
株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
3 15時15分~15時45分 ワークスタイル変革を安心・便利に実現するモバイル活用基盤 「MobileSUITE」ご紹介
・業務システムとのセキュアな連携
・モバイル向けUIに便利なフレームワーク

【講師】
富士通株式会社 アプリケーションマネジメント・ミドルウェア事業部 第一開発部
4 15時45分~16時15分 COBOL資産活用の取り組みご紹介
NetCOBOLによるCOBOL資産活用の最新の取組みなどをご紹介します。
・Apache Hadoopと連携し、COBOL資産を活用したバッチ高速化
・COBOL資産を活用し、SQL文に書き換えることなく、Read/Writeで
 データベースをアクセスする手法
・シフトJISサポートによる、Linux移行時のCOBOL資産活用

また、マイグレーションの事例をご紹介します。

【講師】
富士通株式会社 アプリケーションマネジメント・ミドルウェア事業部 第三開発部
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
5 16時15分~16時30分 質疑応答
6 16時30分~17時00分 個別相談会(ご希望のお客様)




注意事項

・ お使いいただいているブラウザやネットワーク環境によって、『お申し込みはこちら』ボタンをご利用になれない場合があります。
・ 申込ページが正常に動作しない/表示されない場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

イベント・セミナーのお申し込み内容変更・キャンセルについて

・セミナー受講の変更・キャンセルなどをご希望される場合は、下記お問い合わせ先へご連絡をお願いします。
お申し込みの際に、富士通IDをご利用または新規登録されたお客様は、下記のリンクよりWeb画面でお手続きいただけます。
・ イベント・セミナーの確認・キャンセル


お問い合わせ先

富士通株式会社 オファリング推進本部 デジタルソリューション推進部(ミドルウェアセミナー事務局) 
住所: 〒144-8588 東京都大田区新蒲田1-17-25 富士通ソリューションスクエア
 
 


【セミナーについてのお問合せ】
 
 
 E-mail: