このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 「保守・保全と設備管理」業務を支えるソリューション紹介【大阪開催】

「保守・保全と設備管理」業務を支えるソリューション紹介【大阪開催】

開催概要
開催日時 2018年03月14日 14時~16時45分(13時15分から受付を開始いたします)
会場
富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター大阪
大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル 10階
◆京阪中之島線 渡辺橋駅     徒歩 1分
◆地下鉄四つ橋線 肥後橋駅    徒歩 4分
◆JR大阪駅          徒歩 14分
◆地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅   徒歩 9分
◆JR東西線 北新地駅      徒歩 9分
◆阪神本線 福島駅       徒歩 9分
定員 40
受講料(税込)
講師
株式会社日本能率協会コンサルティング
取締役 TPMコンサルテイングカンパニー長 和泉 高雄 氏
1984年日本能率協会入職、その後日本プラントメンテナンス協会、JIPMソリューションを経て、2013年より現職。
TPMコンサルティング企業は100社を超え、国内・海外のTPM普及に貢献。
公益社団法人日本プラントメンテナンス協会 TPM優秀賞審査員、自主保全士企画委員、設備管理全国大会企画委員、MFCA(マテリアルフローコスト会計)統括診断員、早稲田大学理工学術院 非常勤講師
受講をお勧めする方 保全部門、生産管理部門、施設管理部門、情報システム部門の責任者様、およびご担当者様
主催 富士通株式会社
共催
協賛
詳細 PDF ご案内状

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

時間 内容
基調講演 14:00~15:00
(60分)
最新TPMによる計画保全の進め方
1971年に誕生し現在主流の保全管理手法であるTPMは、自動車産業向け国際的品質マネジメント規格IATF16949にも追加されました。安定生産と効率化を図る最新のTPM、IoT時代の設備保全のあり方、今後の必要人材について解説致します。
講演 15:30~16:20
(50分)
設備保全管理/設備点検システムの活用事例および現在の課題とその解決策のご紹介
保全情報の活用による生産性を向上を狙いとし、紙による設備情報の管理からIoT化に向けた取り組みについて、設備保全管理と設備点検の両システムの活用事例から現在の課題とその解決策をご紹介します。
個別質疑・デモ展示 16:20~16:45
(25分)

デモ展示をご自由にご覧いただけます。







お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

注意事項

・ お使いいただいているブラウザやネットワーク環境によって、『お申し込みはこちら』ボタンをご利用になれない場合があります。
・ 申込ページが正常に動作しない/表示されない場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

イベント・セミナーのお申し込み内容変更・キャンセルについて

・セミナー受講の変更・キャンセルなどをご希望される場合は、下記お問い合わせ先へご連絡をお願いします。
お申し込みの際に、富士通IDをご利用または新規登録されたお客様は、下記のリンクよりWeb画面でお手続きいただけます。
・ イベント・セミナーの確認・キャンセル


お問い合わせ先

エンタープライズビジネス推進統括部 ソリューションビジネスセンター 
住所: 〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
 03-6252-2276
 


【セミナーについてのお問合せ】
 
 
 E-mail: